JE1LFX's Blog

アマチュア無線関連や身の回りの出来事を綴っています

コンテスト

今週末はAA CW

今週末はALL ASIAN DX CWコンテストが開催される。
48時間のフル参加コンテストだが、ここのところ激務で疲労が蓄積しているため不フル参加をするか微妙なところだ…

WPX CW Raw Scores

先日開催されたCQ WW WPX CWコンテストの自己申告記録が発表された。
エントリーをしたSOABH部門で、JA 2位、AS 10位、WW 119位の好位置につけた。

スクリーンショット 2024-06-03 055138

WPX CW④

今回のCQ WW WPX CWコンテストの雑感。

ハイライト
・WPXコンテストで初めて重複交信含まずに2000交信を達成した。
・コンテスト参加制限時間の36時間をフルに使う事ができた。
・14MHz, 21MHzとも真北に向けたアンテナ方向で、多くの北米とヨーロッパが同時に交信できて楽しかった。
・交信局数が増えるに連れてマルチが増えるWPXコンテストだが、今回はS&Pはマルチ重視で運用を行った結果、総得点が500万点を超えることができた。

ローライト
・コンテスト2日目以降風が強くなり、クランクアップタワーを最伸長できなかった。
・事前に予定をしていた運用時間と休憩時間のバランスが、コンディションの変化で修正をその都度考えながら運用して疲れた。
・WPXコンテスト特有のコンテストナンバーがQSBや爆速、爆遅かつ弱い信号を必死に受信しようと多くの時間を費やし、とても疲労が残るコンテストだった。
・2日とも徹夜に近い運用だったので、時差ボケ状態で眠い…
・得点2倍の7MHzがレーダージャミングでほとんど運用できず残念だった。

GOkA-N5a8AAWJ-z

WPX CW③

最後の休憩時間が終わり、午前1時からコンテスト運用を再開。
やはり2日目は交信済み局やクラシック部門の参加局の影響で交信数が伸び悩んだが、日の出まで14MHzを運用してまずまずの交信数を上積みできた。
午前2時台に21MHzのヨーロッパ各局が強く入感していたので、少し運用を試みたが少数しか交信できないので、RBNで確認をしたらこちらの信号弱く相手に届いていない片パスだと判断して、すぐさま14MHzに戻った。
ラストの3時間を北米向けの21MHzを運用して午前9時のコンテスト終了時刻を迎えた。
いつものようにコンテストログを保存をして、風呂に直行。
風呂上がりのSPD633で一人反省会を開催。
コンテスト参加の振り返りは明日に…

WPX CW②

昨日の午後1時からの連続運用が午前8時まで19時間続き、ようやく休憩時間を取ることにした。
午前0時台は昨夜からの引き続きで21MHzを運用して、その後は7MHzがレーダージャミングで使い物にならないため14MHzを日の出過ぎまで運用した。
ここまでで1260交信を記録し、初日の運用は大いに満足の行く数字。
残り15時間しか運用時間がなく、このあとの運用時間の割り振りを考えながら午後3時までの7時間を休憩を取ることにした。
午後3時からコンテスト運用を再開したが、コンテスト終了時刻の明日の午前9時までの間に3時間の休憩時間を取らなければならず、コンディションを考えながらの運用となった。

とりあえず日没までハイバンドの運用を続け7MHzを覗くが、まだレーダージャミングが断続的に出ていて使い物にならない…
ここれ2時間の休憩を取り、午後9時から運用を再開。
3時間運用して午前0時を迎えたが、ここで最後の1時間休憩を取るか、コンテスト終了時刻の午前9時前の午前8時に1時間の休憩時間を当てるか悩んだが、ここで1時間の休憩時間を当ててラストスパートに賭けることにした。
つづく…

WPX CW①

午前9時からCQ WW WPX CWコンテストが始まった。
このコンテストは、コンテスト開催48時間のうち最大36時間の運用しか認められない。
この時間配分が難しく、いつも悩みながら運用をしている。
今回も事前に36時間の運用時間配分を決めてスタートした。

コンディションはあまり良くなく近場のアジア・オセアニアの局が交信の中心となり、予定した2時間の運用で休憩を取ることにした。
2時間休憩を取り午後1時からコンテスト運用を再開し、予定では明日の午前8時までの19時間連続運用する。
午後からのヨーロッパ向けの運用は午前中のイマイチコンディションよりは良く、日没まで運用して北米向けの7MHzにQSYした。
7MHzはレーダージャミングがあり、信号の強い局としか交信できず我慢の運用を強いられ、2時間の運用して14MHzにQSYした。
ヨーロッパと北米が同時にオープンをしていたが、フロアノイズが高くWPXコンテスト特有のシリアルナンバーの交換に難儀をして交信効率があまり上がらなかった…
午後11時になり21MHzを覗いて見るとまだヨーロッパがオープンしていて、すぐさまQSY。
1時間で50局と交信することができた。
つづく…

2024 WPX SSB 結果発表

3月最終週に開催されたCQ WW WPX SSBコンテストの結果が早くも発表された。
エントリーをしたSOABH部門で、JA 3位、JA1 1位、AS 13位、WW 112位の好成績だった。

JE1LFX_CQWPX_2024_SSB_certificate

スクリーンショット 2024-05-13 100343

ALL JA Raw Scores

先月行われたALL JAコンテストの自己申告スコアーが発表された。
エントリーをしたC7Hで、第8位につけた。
お気軽参加の8時間にしては、まずまず良いところ

ALL JA

JARL主催の4大コンテストの初戦であるALL JAコンテストが昨日の午後9時から始まっている。
ここのところの体調不良と所用があるので不参加を予定していたが、7MHz CWに少し参加をすることにした。
午前4時から昼までの8時間ほど運用をしてQRTした。
フル参加をしていたらと思ったが、致し方ない…

スクリーンショット 2024-04-29 123304

2023 AA CW Award

昨年のALL ASIA DX CW コンテストの賞状が、初めてJARLからPDFファイルで届いた。
今までずっと紙の賞状だったが、経費削減とともに世界的に当たり前になっている電子アワードになったことが遅すぎる感もあるがJARL会員としては喜ばしいことだ。
結果はSOABH部門でJA 3位の好成績だった。

s-スクリーンショット 2024-04-24 173725
最新コメント
ギャラリー
  • WUSSA-4500
  • ISA-Ⅲ
  • WAAC-SILVER
  • FT4GL 24MHz FT8
  • WAS Satellite Award
  • WPX CW Raw Scores
  • 低軌道衛星用セッティング
  • MORSA
  • HOSA
アクセスカウンター +1,825,076
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ