JE1LFX's Blog

アマチュア無線関連や身の回りの出来事を綴っています

2020年06月

200W超 スプリアス確認保証

今年の6月10日付で総務省から公示された「アマチュア局の無線設備の保証に関する要領」の一部が改正されて、空中線電力が200Wを超える無線設備がスプリ アス確認保証の対象となった。

JARDが明日7月1日から200Wを超える送信機のスプリアス確認保証の申込みを受け付けることになり、以下の総通が独自に実施したサンプル調査等により、良好な特性が確認できたリニアアンプを用いている無線設備については、総務大臣が認めた保証事業者による「スプリアス確認保証」を受ける場合には、測定データの添付を省略して、新スプリアス確認届書を総務省の総合通信局等に提出することが可能となる。
詳しくは以下にアクセスを。
https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/material/ama/index.htm
https://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm


社員総会 継続

昨日、JARL社員総会が開催された。
詳細は以下のブログで参照してもらうとして、第1号議案の決算は何とか承認されたが、第2号議案以下は流会となり再度社員総会で審議されることになった。
https://7k1bib.wordpress.com/2020/06/29/mtg-continuation/
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_16.html

AA CW ログ提出

先週開催されたAA CWコンテストのログを提出した。
結果発表は来年の3月ということで、現在の世界的なコンテストの結果発表時期としてはとんでもない前近代的で時間がかかりすぎる!
世界のコンテスターにホスト国として恥ずかしい…

ポケモンGO バトルリーグ

ポケモンGOのバトルリーグはシーズン2のハイパーリーグが開催されている。
やっと何回も厚い壁にはねっ返されていたランク8にたどり着いた。
今後はマスターリーグやプレミアリーグの開催が待っているが、次のランク9になることは不可能に近いと思うので、ランク8で適当にバトって遊ぶ予定。

JARL社員総会

明後日の6月28日に開催される第9回JARL社員総会に向けて、JARL執行部の会計について問題が出ているようだ。
このブログでは詳細は語らないが、大事な会員の収めた会費を不透明な使い方をしたのであれば追求をして解明をしてもらいたい。
JARL会員なので…

生命保険金請求

昨年の8月に左膝蓋骨を骨折して手術・入院・リハビリを行い、先月末にほとんど完治をした。
病院から診断書を取り寄せて、加入をしている生命保険の手術・入院・通院保険金の請求書を本日送った。
さて、いくら保険金が支払われるのか楽しみだ。

ビューローからQSLカード

ALL ASIAN DX CWコンテストの初日の土曜日にJARLビューローからQSLカードが届いていた。
今日開封して積み上げたところいつもより少ない5.5cmだった。
LoTWなどの電子QSLが浸透してきているのかな?

AA CW�C

今回のAA CWコンテストのまとめ。

ハイライト
・コンテスト期間中を通して昨年のような雷の接近や強風が吹くことなくクランクアップタワーを最伸長してコンテスト運用ができた。
・使っているコンテストログ N1MM+の操作にだいぶ慣れて疲労が少なくなった。
・今回の目標とした昨年の記録の1,200交信、58万点を大幅に超えることができた。
・コンテスト開催時間の48時間のうち、体調が良く、45時間近く運用することができた。
・15m、10mで北米やヨーロッパと交信をすることができ、サイクルの上昇を少し感じることができた。

ローライト
・アンテナのSWRが高く、ローエッジでしかランニングを続けることができなかった。
・ローテーターのコントローラーが故障していて、ローテーターは動くが指針が動かないのでいちいちアンテナの方向を家の外に出て確認をしなければならず面倒だった。
・相変わらず日本の局が呼んできて、弱いDX局の信号がマスクされて大事な数局を逃しかもしれない…(コンテスト局を呼ぶにはまずルールの確認とコンテストナンバーで何のコンテストか確認をしてほしい)



AA CW�B

日付が変わっても引き続きヨーロッパ向けの20mバンドの運用を午前3時まで続けて、日の出まで1時間半となったので40mバンドにQSYをした。
昨日よりもコンディションが良くないのか、イマイチ交信数が伸びない…
それでも1時間半で90局と交信をしてラストの3時間半は北米向けのハイバンド。
毎度のことだが、この最後の3時間半は苦行。
予想通りCQ TESTの連発で、バンド内をサーチしても未交信局を見つけられない…
まさに苦行の3時間半で何とか50局との交信を果たしてコンテスト終了時刻の午前9時を迎えた。
大事なコンテストログを保存して、風呂に直行。
風呂上がりのSPD633[[pict:beer]][[pict:beer]][[pict:beer]]で一人反省会を開始。
面倒になったのでコンテスト結果は明日に報告とする…[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]

AA CW�A

ALL ASIAN DX CW コンテストをスタートして休みなく運用を続け、24時間経った午前9時に3時間の仮眠を取ることにした。
ここまでで950交信を記録をして、昨年の630交信を大きく上回っているの少し気持ちに余裕がある。

予定通り3時間の仮眠の後にコントスト運用を再開。
いつもだったらヨーロッパ向けの20mバンドで運用を始めるが、弱いながらも15mと10mバンドでヨーロッパがオープンをしている。
ここはマルチの稼ぎどきと考え、信号が聞こえなくなる夕方まで運用を続けた。
日没になり40mバンドの運用を開始。
北米西海岸が日の出を迎えるまで運用を続けてヨーロッパ向けの20mにQSY。
昨日より総じて入感する信号が弱いが、他に運用をするバンドがないので我慢の運用が続け、日付が変わるときにには、目標にした1,200交信を超え、得点も50万点を超えていた…つづく
最新コメント
ギャラリー
  • WUSSA-4500
  • ISA-Ⅲ
  • WAAC-SILVER
  • FT4GL 24MHz FT8
  • WAS Satellite Award
  • WPX CW Raw Scores
  • 低軌道衛星用セッティング
  • MORSA
  • HOSA
アクセスカウンター +1,825,076
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ