JE1LFX's Blog

アマチュア無線関連や身の回りの出来事を綴っています

2020年01月

QSOパーティ ステッカー到着

1月2・3日に開催されたJARL QSOパーティの参加賞のステッカーが届いた。
3周目の始まりで自分の干支でもあるため、無事に完成をするのは12年後の72歳だ…

IOTA 900 Shield

昨日WEBから申請をしたIOTA 920が、早くも結果が反映して認められた。
同時に注文をしたエンドースメントの900のShieldには古いタイプと新しいタイプがあるとのことで、どちらが必要なのかメールが届いた。
自分のIOTAの盾のShieldを確認して、新しいタイプが欲しいと返信をした。


IOTA アニュアルリスティング締切

IOTAのアニュアルリスティング締切が明後日に迫ったので、今回はQSLカードの提出は諦めてClub Logマッチングをした25IOTAを申請することにした。
追加申請が認められれば、IOTAは920cfm.となるので、IOTA 900のShieldも注文した。
手続きは簡単で、指示に従って進んで最後にPayPalで支払えば完了。
PayPalを持っていない局は、JA CPのJA9IFF/中島氏のぱるるの指定の口座へ振り込めばいい。

同軸ケーブル・ストリッパー

何気なくワイヤーストリッパーを見るためにネットサーフィンをしていたところ、同軸ケーブル・ストリッパーなるものを発見[[pict:light]]
簡単な構造らしく、価格も500円から1,000円とショップによってはまばらで送料を含めると躊躇する値段になる。
eBayにないかと見てみるとあった[[pict:light]]
送料込みで3.3ポンドで、日本円に換算をしたら470円程度。
即決をしたものが本日到着をした。
一応10Dの同軸ケーブルまで対応しているようなので、使い勝手はどんなものか機会があったら試してみよう。

2019 WW RTTY結果発表

昨年9月下旬に行われたWW RTTY コンテストのスコアが発表された。
ResultsのYear Filesにはまだ2019年は反映されていないが、Searchable Score Databaseには2019年の結果が検索できる。
エントリーをしたSAABHで、JA 12位、Asia 22位、World 309位だった。
https://www.cqwwrtty.com/scores.htm

REF CW�A

昨日はたった2局としか交信できなかったので、今朝は午前3時に起床をして40mバンドでフランス本土局との交信に期待をかけた。
午前7時まで4時間運用をして80mの1局を含めて22局と交信することができたので、少しは満足。[[pict:niko]][[pict:kirakira2]]
午後からは用事があるので運用ができないため、今回のREF CWコンテストは終了した。
あらためてフランスは遠い!

REF CW�@

巷のコンテスターはCQ 160m CWコンテストに参加をしている局がほとんどだと思うが、こちらはローテーターの故障をまだ直していないので、REF CWコンテストを覗くことにした。
午後3時からスタートなので20mバンドしか選択肢がなく、フランスやフランスの海外領土県などの交信対象局を探したが、やっとフランス本土の2局を見つけて交信することができた。

早くローテーターの交換工事をしたいが、いつも週末の休みは天候が悪く、また助っ人のスケジュールも合わないこともあり、いつアンテナを回せるか未定だ。
幸いコンディションもよくないので、慌ててはいない…

7 in1メモリーカードリーダー

このブログなどの写真は主にCANONの一眼レフカメラで撮って、PCMCIAのカードスロットから読み込んでいるが、コンパクトデジカメのSDカードなど、今後色々なメディアからデータを読み込むのを見越してUSB 3.0 7 in1メモリーカードリーダーを購入した。
価格も安く、とても便利でもっと早く購入すっればよかったと後悔…

SO2R Mini

NN1C達によるSO2Rのコントローラーキットが発売され、JH5GHM/近藤OMが希望者を取りまとめて発注をし、希望者には組み立て完成品を提供するということで購入をお願いをした。
販売元で部品の調達などがうまく行かず、1ヶ月半かかり漸くJH5GHM/近藤OMのところに到着し、当局の分は組み立て点検をしていただき、完成品が届いた。
SO2R Miniということだけあり、手のひらサイズで小さく、今後SO2Rを構築するときに活躍するだろう。
とりあえずUSB接続のSO2R Mini側のType Mini Bコネクターケーブルの調達をしなければ…
https://nn1c.org/so2r/


N1MM+用最新版CallHistory

CQ誌 国内コンテストのエディターであるJK2XXK/戸根OMが、N1MM+用最新版CallHistory(都府県地域・市郡区・KCJ略称)を作成され頒布していただいた。
ちょっと中身を覗いてみたが、膨大なデータがまとめてあり、大いに活躍しそうだ。
最新コメント
ギャラリー
  • WUSSA-4500
  • ISA-Ⅲ
  • WAAC-SILVER
  • FT4GL 24MHz FT8
  • WAS Satellite Award
  • WPX CW Raw Scores
  • 低軌道衛星用セッティング
  • MORSA
  • HOSA
アクセスカウンター +1,825,076
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ