JE1LFX's Blog

アマチュア無線関連や身の回りの出来事を綴っています

2017年09月

DXCC Award Credit Slip

ハムフェア2017の前にLoTWで申請をしたDXCCのクレジットスリップが届いた。
CHALは2610になり、80m 24017m 325のステッカーが同封されていた。

E51LYC OC-098

少し前にOC-098 E51LYCのQSLカードが届いていた。
862cfm/897wkd

5T5OK wkd.

一昨日の夕刻、帰宅して30m CWでレポートが上がっている5T5OKを聴いてみた。
短縮ダイポールアンテナとIC-7000では、ノイズが邪魔をして信号を捉えきれない。
しばらくワッチを続けていると信号強度が上がってきたので、QSX周波数の空いているところでコールをしてみたところ、嬉しいコールバックがあった。
今朝、Club Logを確認したところ、無事にログインしていた。

B7CRA cfm.

今年の6月下旬にQRVしたB7CRA AS-143のQSLカードが届いた。
OQRSで請求したもので、Club Log Machingでもコンファームした。
861cfm/897wkd

WW RTTY�C

今回のWW RTTYコンテストに参加をした雑感。

ハイライト
6大陸と交信できた。その中でもA44A,A61M,C37NL,CN8KD,CR3's,EF9R,TF2R,V31VP,ZF1Aなどの珍局と交信することが出来た。
・メインのリグが入院中なので、サブリグのIC-7000でコンテストに参加をしたが、PCのMMTTYでデコードできなかった文字が内蔵のデコーダーがかなり活躍したのには驚いた。
・久しぶりに15mバンドでヨーロッパ、北米と交信できた。

ローライト
・やはり使い慣れたメインリグのIC-7800が入院なのは残念だった。
・初日4時間以上、2日目6時間就寝時間をとったら上位入賞は出来ないだろうな…
・アンテナのグレードアップをしないと今以上の成績にはならないので思案中だが、これからのコンディションの回復が見込めるか疑問なので費用対効果に二の足。

その他では、今回も多くのYB(インドネシア)局と交信をした。
恐らくコンテスト運用の教育が充実しているのか、スムースな交信で気持ちが良かった。
一方、相変わらずこちらが運用している周波数でCQ TESTを送信してきたり、いきなり呼んできてコンテストナンバーを送ってくるBY(中国)が散見した。
驚くことにW(米国)の局も3,4局いた。

WW RTTY�B

今朝は午前2時に起床。
昨日と同じようにヨーロッパ向けの40mバンドを期待してワッチ。
ところが昨日と違ってビッグステーションしか見えない…[[pict:hi]]
日の出まで上から下、下から上と探して何とか4時間で50局と交信。
15mバンドが開くまで20mバンドを運用しようと思っていたが、昨日のようには15mバンドはオープンせずに20mバンドを最後まで運用して午前9時の終了時刻を迎えた。

結果は慣れないサブリグのIC-7000を取扱説明書を参照しながらの運用だったが、700交信を越えたのは大満足。
でもやはり慣れないリグのためか、えらく疲れた。
速報値は以下の通り。

WW RTTY�A

予定通り午前3時から運用を再開。
早速40mバンドを覗くと、多くのヨーロッパ局がプリントされる。
呼んでみるが、混信が酷いせいかなかなか思うように交信が出来ない中、日の出過ぎまでに70余り交信が出来た。

北米の20mが好調で、日の出過ぎには15mバンドにQSY。
こちらも北米の多くの局と交信できた。
レートが落ちてきたので20mに戻って午前中の運用を終了。
午後からはヨーロッパ向けの15mバンドを始めて、夕刻からは40mバンドにQSY。
昨日よりはコンディションが良くない感じで午後10時前に今日の運用を終えた。
ここまでで662交信
目標の500交信をクリアーしたので、あとは適当に…
明日はまた午前2時過ぎから運用を再開予定…[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]

WW RTTY�@

コンディションがイマイチで、メインのリグが入院中でサブの無線機のIC-7000でやる気もない中、1年で一番盛大なRTTYのコンテストのWW RTTYコンテストに適当参加をすることにした。
月曜日は有給休暇の消化で休みにしたので、今回の目標は500交信に置くことにした。

午前9時からのスタートは20mバンドから。
時折15mバンドを覗いてみるが全然駄目。
日没前のグレーラインに掛かった頃に北米向けの40mバンドにQSY。
午後10時過ぎまで運用してちょうど300交信を記録したので、本日の運用を終了した。
明日は午前3時頃から運用再開予定…[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]

ワイパーアーム再塗装

愛車のスズキ エブリワゴンは今年で15年選手。
ワイパーアームに錆が出てきて、夏休みに錆落としをして再塗装をしようと予定をしていたが、休みと天気が良い日と上手く合わず延び延びとなっていた。
もうそろそろ錆落としをしないと大変になると思い、再塗装を実行した。
まずまずの出来で、あと何年かは大丈夫だろう。


サブ機ではやる気出ず…

IC-7800の長期入院が決まり、サブ機のIC-7000をセットした。
ここのところ出ているA255T5は、セットノイズやスプリットの抑圧で弱い信号をとらえることが出来ず交信には至らず。
実用になるバンドスコープもないため、ワッチ方法が10数年以上前に戻った感じ。
便利に慣れた体では、昔には戻れない。
すっかりやる気を無くした…
最新コメント
ギャラリー
  • WUSSA-4500
  • ISA-Ⅲ
  • WAAC-SILVER
  • FT4GL 24MHz FT8
  • WAS Satellite Award
  • WPX CW Raw Scores
  • 低軌道衛星用セッティング
  • MORSA
  • HOSA
アクセスカウンター +1,825,076
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ