JE1LFX's Blog

アマチュア無線関連や身の回りの出来事を綴っています

2012年04月

草払い機修理

自動遠心クラッチのバネが壊れたエンジン草払い機の部品が届いたので修理をした。
修理は簡単で、カバーや接続のネジを外すと本体が2つに分かれる。
自動遠心クラッチを新品に替えて、元に組み立てエンジンを始動させると無事にアイドリング状態では刈り刃が回らなくなった。[[pict:wink]][[pict:kirakira2]]

TS-990発表!

株式会社JVCケンウッドから、予てから噂のあったTS-990のプロトタイプを米国オハイオ州デイトン市で開催される「DAYTON HAMVENTION 2012」(2012年5月18日~20日)、ドイツのフリードリッヒスハーフェン市で開催される「HAM RADIO 2012」(2012年6月22日~24日)、および日本では東京で開催予定の「ハムフェア2012」(8月25日~26日)に発表すると、ニュースリリースがあった。
http://www2.jvckenwood.com/newsrelease/2012/20120418.html
一方気になる価格に関しては発表はされていないが、一部の情報では$5,000-6,000ではないかと予測しているが…[[pict:question]]
http://qrper.com/2012/04/price-size-and-availability-a-kenwood-ts-990s-update/

JIDX CW番外編

先週参加したJIDX CWコンテストを運用中に、多くのコンテストとバッティングしていたのが気になり、同時刻に開催されていたCWが運用されたコンテストを調べてみた。
Montana QSO Party
DIG QSO Party(10-20m)
New Mexico QSO Party
EU Sprint Spring
EA-QRP CW Contest
Georgia QSO Party
QCWA QSO Party
Yuri Gagarin International Contest
DIG QSO Party(80,40m)

など、多くのコンテストが開催されていて、その上北米ではあまり人気が無くなったJIDXコンテストでは、イマイチ盛り上がりに欠けるコンテストになってしまったようだ。
納得…[[pict:horori]]

DDXCC 100E

ARRLDXCC AWARDの発足から75年を記念して発行するDDXCCが、前のWPX SSBコンテストで交信したカントリーを入力したところ、丁度100カントリーに達した。[[pict:meromero2]][[pict:kirakira2]]
あまり1937年当時のDXCCカントリーを意識しないで運用をした中での達成なので、残りの131カントリーを少し意識して運用をしていこうかなと思う。

JIDX CW�B

当初、コンテスト休暇の取得を予定していたが、いつも通りに目が覚めたので仕事に行くことにした。[[pict:zzz]]
今回のJIDX CWコンテストの結果は、目標の昨年の交信数を180局余り上回ったが、マルチが少なかったために得点がわずかに及ばなかった。
コンテスト前半に80mのアンテナのSWRが高くなり使用できなかったのと、10mのオープンが不調の影響だと思われる。
また同じ日に開催されたコンテストが多くあり、特にYuri Gagarin Internationalコンテストには多くのロシアの局や北米の局が参加をしていて、お客さんが少なかったせいもあるのかも知れない…[[pict:horori]]

JIDX CW�A

昨日の夜からの引き続きで、20m午前3時まで運用を続けて、ヨーロッパ向けの40mにQSYした。
約2時間運用したが思うように交信数は伸びず、日の出時刻になったので北米向けの15mにQSYした。

北米西海岸はオープンはしていたが、他のコンテストとのバッティングや、JIDXへの関心薄さなのかあまり呼ばれない…[[pict:horori]]
それでも午前10時には、1,000局交信を達成して夕方のヨーロッパ向けまで仮眠を取ることにした。[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]
しかし、よせばいいのに大瓶ビール[[pict:beer]]を2本飲み、徹夜疲れがドット出てしまい、もうコンテストなんかどうでもいいや状態になってしまった…[[pict:hekomi]]

何とか午後4時に起床してコンテストに復帰。
10,15mを当初運用して、日没を過ぎてからは40,20mにQSYして午後10時のコンテスト終了時刻を迎えた。[[pict:run]]

交信数は目標にした昨年の自己記録を上回ったのは確かだが、睡眠時間が少ないため明日にコンテスト結果を記することにして、SPD633[[pict:beer]]を1本空けて寝床に付いた。[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]

JIDX CW�@

ファイブナイン誌主催のJapan International DX CW Contestが、午後4時から始まった。
太陽黒点数50という低調なコンディションの中、15mヨーロッパをターゲットに運用を開始。[[pict:run]]
コンテスト開始前の昼に仮眠を3時間程度取ったので、明日の朝の北米との交信まで徹夜をすることに決めた。[[pict:hi]]

15mは多くのヨーロッパの局から呼ばれ、時折80m,40mを運用したが大した局数と交信できず午後9時半20mにQSYしヨーロッパ向けに運用を続け、日付が変わる時点では、550局余りと交信が出来た。

今回のコンテストでの交信目標は、昨年に記録した自己記録の1,045交信を超すことにした。
つづく…[[pict:peace]][[pict:kirakira2]]

9N1II,D2PZ

過日運用のあった、9N1IID2PZは同じOPの運用でQSLカードの請求先もBG6JPZとのことだったが、各種情報ではパイレートだとのことだった。
ところが、日本の局が9N1IIのQSLマネージャーのBG6JPZからQSLカードをコンファームしたとの情報があり、パイレート運用ではないことが判明した。[[pict:light]][[pict:kirakira2]]
しかしこのQSLカードがDXCCにクレジットされるかどうかは、ARRLにドキュメンテーションが提出されてから正式な運用かどうか判断されることだろう。

プロ野球

このブログを古くからチェックしている方はご存じだと思うが、プロ野球は阪神タイガースを応援している。

今年は監督が和田豊監督となり、地味な野球になると思っていたが、ヘッドコーチに有田修三氏を据えたことで小技大技を使う戦術が上手く機能して、現在首位を走っている。[[pict:run]]
春の珍事と成らず、ペナントレース終了時には美酒に酔いたいなと思う。[[pict:meromero2]][[pict:kirakira2]]

9M0L始まる

スプラトリー・ラヤンラヤン島から、マレーシア人、マレーシア在住の日本人、イギリス人と日本人の混成チームによる、昨日からDXペディション運用が始まった。
日本からはどの周波数でも問題なく交信できる距離だと思うが、レポートによるとパイルアップがどの周波数も大きいとのこと。[[pict:hi]]

今日は、帰宅後すぐに6m CWに出ていると言うことで聞いてみると539程度で入感していて、午後から今夜遅くまで強風が吹くと言うことで、タワー高は12mしか上げられない状態だったが、UPの誰も呼んでいない周波数で呼ぶとワンコールでコールバックがあった。[[pict:peace]][[pict:kirakira2]]
数分後、SSBにQSYしたので聞いてみるとUP5-10を指定していて、誰もコールしていないUP7付近で9M0Lを呼ぶとこれもワンコールでコールバックがあった。[[pict:ok]][[pict:kirakira2]]

9M0Lの運用は4月24日までの予定なので、他のバンドはノンビリ追いかけようと思う。[[pict:meromero2]]
http://9m0l.legendchew.com/
最新コメント
ギャラリー
  • WUSSA-4500
  • ISA-Ⅲ
  • WAAC-SILVER
  • FT4GL 24MHz FT8
  • WAS Satellite Award
  • WPX CW Raw Scores
  • 低軌道衛星用セッティング
  • MORSA
  • HOSA
アクセスカウンター +1,825,076
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ