天気や体、お空のコンディションが悪い中で参加をした今回のALL JAコンテストだったが、新型コロナウィルスの感染予防のための緊急事態宣言が出ている中で、自粛運用を強いられたのか、自宅からの運用者が多かったため交信数が伸びたようだ。

速報値では初めてエントリーをした7MHz CWで、762qx57m=43,434を記録した。
昨年の同部門の第1位の記録を上回ったが、更に高得点を記録した局がいることを知り、第5位までに入ればいいなと、今から結果発表が楽しみだ。