数字的にはSSN=203,A=14,K=4と週末に襲った磁気嵐の影響が残った感じで、パッとしないコンディションの中、今年のWW RTTYコンテストが始まった。

15mバンドからスタートしたが、やはりレートが上がらず早くも修行の場と化した。[[pict:hi]]
10mバンドも時折覗くが昼前になってようやく近場のアジア・オセアニアの局と交信。
午後からは20mバンドの運用を開始したが、こちらも似たり寄ったりでパッとしない。
スタートから強めの風が吹いていたのでタワーをフルクランクアップできず17m高での運用だったが、大して影響はないかと…

このようなあまり良くないコンディションでは、設備の優劣がもろに出てしまい、ビックステーションとの交信数やマルチの獲得の差は大きくなってしまう。
早くも半分真剣身が薄れてしまい、コンテスト中に離脱してW1AWポータブルや珍局を追いかけていた。
それでも日没からの40mバンドで、北米を中心に190局と交信することが出来て、初日の運用は405交信を記録して寝床に入った。[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]