午前4時から運用再開して、まずはヨーロッパ向けの40mバンドからS&Pを始めた。
あまりコンディションが良くないのか、2時間で42局しか交信できず、日の出とともに北米向けのハイバンドの運用に切り替えた。[[pict:hinode]]
しかしこちらもあまりレートが上がらず総じて呼んでくる北米各局の信号が弱い。
何故かなと調べてみると、太陽が大規模フレアを発生したとのことで、その影響が出ているかもしれない。
結局1時間あたりの交信数も午前8時台の83局が最高だったが、午前中の運用で400局を上積みして、新たに立てた目標の1,000交信を達成した。[[pict:meromero2]][[pict:kirakira2]]

昼頃から天気予報通りに低気圧が発達して台風並みの強風が吹いてきた。[[pict:hi]]
急いでタワーを屋根すれすれまでにクランクダウンして、QRXを余儀なくされた。
ちょうど休憩を取ろうと思っていたところなので良かったが、夕方になっても強風が収まる気配がなく、空が唸りながら強風が吹いていた。

このWPX SSBコンテストは48時間の開催だが、1時間を単位に12時間の休憩を取らなければならず、実質最大の運用時間は36時間となっている。
強風が吹いてQRXを余儀なくされても、休憩時間中だと思えば少しは気が楽になるが、それにしても風が強くアンテナに被害がないか心配だ。

幸いにも日没近くなって風が少し収まってきたので、恐る恐るタワーを15mまで伸張してヨーロッパ向けの10mバンドの運用を開始。[[pict:run]][[pict:symbol5]]
太陽フレアの影響も少なくなってきたのか少しパイルアップもあり、3時間の運用で200局と交信することができた。
ここまでで1,350交信を記録し、すでにこのコンテストでの自己記録を更新して明日のコンテスト終了時間まで運用したいが、明日は年度末最終日で、仕事を休むわけにはいかず、明朝2時間程度運用して仕事に行こうと寝床に入った。

しかし、寝床に入って考えてみたら、仕事を休むのに時間休が取れることを思い出した。
2時間休みを取ってコンテスト終了後急いで出勤すれば明日やらなければならない仕事に間に合うということがひらめいた。[[pict:light]][[pict:kirakira2]]
それでは明日も午前4時からコンテスト運用を再開することにして…おやすみ[[pict:zzz]][[pict:zzz2]]