午前9時からのARRL International CW Contestに参加。
20mで下から呼びに回りS&Pをしていくが、途中で面倒くさくなり後ろの方でランニングを始めた。[[pict:run]]

久しぶりのコンテストでのCWなので、耳などの感覚が追いつかない。(もともとCWは苦手)[[pict:hi]]
でもランニングなので自分の取れるスピードで符号を送出すると、北米の局はそのスピードに合わせて信号を送ってくれるので少しづつ耳が慣れてきた。
この辺は日本やヨーロッパの局は相手構わず自分のスピードで送ってくる局が多いので国民性がよく分かる!?

結局午前中1時間半と夕方ローバンドで1時間半運用して、約160局と交信できた。
明日もK5DRTTYを狙いながら、北米との交信を少し楽しもうかと思う。